水戸市立図書館へようこそ

水戸市立図書館から中学生におすすめの本 2012年版

        
タイトル 著者 出版社 出版年請求記号 内  容
わたしが情報について語るなら松岡 正剛ポプラ社 2011 K002 そもそも情報とはなんだろう。常に目の前にあり,歴史を作り,進化する―この世界には情報があふれ,動き続けている。編集工学を提唱する著者が様々な角度から「情報」を語る。
小中学生のための初めて学ぶ著作権岡本 薫朝日学生新聞社 2011 K021 電子技術や通信機器が発達し,身近になった著作権。それは「権利」であり「ルール」でもある。現在のルールを知り,使いこなし,そしてより良いルールへと変えていくために考えていくことを学ぶ。
怪物-わたしたちのべつの顔?ピエール・ペジュ岩崎書店 2011 K114 「怪物」とは、恐ろしいもの,自分達とは違うもの,とんでもないもの…そして,人間の心が生み出すもの。「怪物」に対する考え方を知ることは,人間とは何かを考えるヒントになる。
学校では教えてくれない本当のアメリカの歴史 上ハワード・ジンあすなろ書房 2009 K253-1 自由と平等,そして民主主義のリーダー国であるアメリカ。しかしその国の現在までの歴史を知る人は少ないだろう。アメリカの歴史を知り,今アメリカの抱える悩みの一端をひも解こう。
学校では教えてくれない本当のアメリカの歴史 下ハワード・ジンあすなろ書房 2009 K253-2  同 上
めぐる季節の物語近星野 道夫新日本出版社 2010 K295 日がのぼり,日が沈む。世界のどこにでもある一日。アラスカの自然のうつろいと,短い冬の一日を感じられる本。
12歳から大人まで政治の基礎の基礎がよくわかる本治滝沢 中大和書房 2010 K310 私たちが積極的に政治に関わる必要がある現代。大切なのは正しい知識を得,自分で判断していくこと。政治の考え方を基礎からざっくばらんに学ぶ。
からだと心の対話術近藤 良平河出書房新社 2011 K361 「からだ」に毎日あいさつしてる? 毎日「からだ」と向き合ってる? あなたの「からだ」の使い方は正しいの? そんな身近で一番わからない「からだ」について,教えてくれる本。
ゲイのボクから伝えたい「好き」の?がわかる本石川 大我太郎次郎社エディタス 2011 K367 カラダの性・ココロの性・スキになる性は、みんなそれぞれ違う―違うってどういうこと? LGBT(性的少数者)の実態を紹介すると共に,LGBTがよりよく生きるためのヒントをコンパクトに伝える。たくさんの愛の形を知ろう。
13歳から学ぶ日本の貧困宇都宮 健児青志社 2009 K368 貧困とは人間らしい生活ができない状態になること。日本は社会の一員として生活していくことが難しい相対貧困国。ワーキングプア,格差社会,ホームレス…。貧困は国の問題,未来を担うあなたの問題でもあるのだ。
生き抜くための数学入門新井 紀子理論社 2007 K410 数学なんて生活には役に立たないと思う? 実は数学的な考え方を身につけることは,この社会で幸せに生きるための訓練になる。かけ算の定義から三次関数まで、つっこみながら学ぶ数学入門。
生き抜くための数学入門新井 紀子イースト・プレス 2011 K410  同 上
鉄は魔法つかい畠山 重篤小学館 2011 K452 森には,地球をつくり生命をはぐくむ魔法使いがいる。気仙沼でカキ養殖を営み,植林を続ける著者が見つけたその正体は,鉄。体のなかから宇宙まで,鉄をめぐる冒険ヘ出かけよう。
ぼくは「つばめ」のデザイナー水戸岡 鋭治講談社 2004 K536 九州新幹線「つばめ」をデザインした著者からデザインを志すすべての人たちへのメッセージ。「つばめ」にこめられた彼の思いとは。
珍獣病院田向 健一講談社 2011 K649  どんな動物でも診る田園調布動物病院には,犬猫はもちろんのこと,多種多様なペットたちが診療に訪れる。”珍獣”たちを救うため日々奮闘する田向獣医師の姿を通し,ペットを飼うことすなわち命を預かることを考える。
知ってる?正倉院奈良国立博物館ミネルヴァ書房 2011 K702 正倉院の宝物は奈良時代から現代までたくさんの人たちを魅了してきた。中には当時の権力者によって切り取られてしまった香木もある。正倉院の歴史をのぞいてみよう。
約束窪島 誠一郎アリス館 2010 K720 「無言館」は第二次世界大戦で亡くなった画学生が残した絵を展示している美術館。戦後,夢半ばで散った人たちの絵を集める,館長さんの物語。
スポーツを仕事にする!生島 淳筑摩書房 2010 K780 「スポーツを仕事にする」というとプロのサッカー選手や野球選手を思い浮かべる人は多いだろう。しかし,その選手達を支える仕事もスポーツを仕事にしているといえる。スポーツへのかかわり方を教えてくれる一冊。
ふしぎ?おどろき!文字の本 1町田 和彦ポプラ社 2011 K801-1 毎日読んだり書いたりする文字。もともと日本には文字がなかった。それなのに漢字,カタカナ,ひらがなと文字の文化が発達していったのはなぜ? 文字の歴史からその答えをみつけよう。
ふしぎ?おどろき!文字の本 2町田 和彦ポプラ社 2011 K801-2  同 上
ふしぎ?おどろき!文字の本 3町田 和彦ポプラ社 2011 K801-3  同 上
「名作」で鍛えるトコトン考える力宮川 俊彦毎日新聞社 2010 K900 例えば,「長靴をはいたネコ」。なぜネコの計略が成功したかを考えると,現実のサクセスストーリーとの類似性が見えてくる。今まで当たり前に読んできた,あるいは読まされてきた名作を,ちょっと踏み込んで考えてみる一冊。
大盛りワックス虫ボトル魚住 直子講談社 2011 K913 ウ 無気力で存在感の薄い公平は,ある日突然現れた虫のような生き物に「誕生日までにひとを1000回笑わせろ」と命令される。訳がわからないまま,それまで接点のなかった二人と組んで文化祭のお笑いライブに挑戦することになる。
ラストラン角野 栄子角川書店 2011 913.6 カ 74歳という自分の年齢を意識したイコさん。「この際欲張ってやりたいことを…そうだ、ラストラン!バイクならお手の物」と,まずは5歳のときに死に別れた母の生家を目指した。廃屋になったはずの家で,イコさんは不思議な少女とであう。
セキタン!須藤 靖貴講談社 2011 K913 ス  中三の夏休み,ナゾの兄ちゃんに「横綱になる」と予言されたおれは,卒業と同時に相撲部屋に入門した。お金のため? 自分のため?…あの子のため? 切なさなんていらない。熱い気持ちのまま,土俵に飛びこまなきゃ。熱い気持ちのままで。
ひみつ福田 隆浩講談社 2011 K913 フ  明里は小学5年生。転校先の小学校で転落事故にあった少女とであう。その事故の原因にはいじめがあったのではと疑う明里。自分へのいじめが始まる中,明里は真相究明にのりだす。
とっぴんしゃん 上山本 一力講談社 2011 K913 ヤ-1 深川一帯に雪が積もった日,一月恒例の運動会-「技比べ」が開かれた。門前仲町の大将,大助は仲間を率いて冬木町の子どもたちと競いあう。江戸の生活をいきいきと描く時代小説。
とっぴんしゃん 下山本 一力講談社 2011 K913 ヤ-2 同 上
なんにもないけどやってみた栗山 さやか岩波書店 2011 K916  元109のショップ店員のプラ子さんは,親友の死をきっかけに今までの自分を振り返り、バックパッカーとして旅にでた。アフリカの医療施設のボランティアとして働くうちに彼女が見つけたものとは。今もアフリカですごす彼女からの報告。
エリザベス女王のお針子ケイト・ペニントン徳間書店 2011 K933 ペ  エリザベス一世が治めるイングランド。お針子の少女メアリーは,女王暗殺の陰謀を偶然耳にしてしまう。疑いが屋敷中をおおうなか,女王の愛人ローリーに刺しゅうの腕を見込まれてロンドンへ上ることとなる。
クロティの秘密の日記パトリシア・C.マキサックくもん出版 2010 K933 マ  どれいが文字を書くことも学ぶことも許されなかった時代に,書かれた日記。小さな紙くずに日記をつけ始めたクロティは自分や他人を見つめ,考えはじめる。自由とはなにかと。
クラバートオトフリート=プロイスラー偕成社 1980 K943 プ  浮浪児のクラバートは,不思議な声に導かれ荒野の水車小屋の見習いとなる。そこでは夜,カラスに変身した弟子たちが魔法を学ぶ。ぐんぐん腕を上げていくクラバートだが,やがて水車小屋に隠された恐ろしい秘密を知ることになる。
クラバート 上プロイスラー偕成社 1985 K943 プ-1  同 上
クラバート 下プロイスラー偕成社 1985 K943 プ-2  同 上
クラバート 改訂オトフリート=プロイスラー偕成社 1986 K943 プ  同 上 
王への手紙 上トンケ・ドラフト岩波書店 2005 K949-1 騎士になるための最後の試練の夜,見知らぬ男にたのまれ,ティウリは重要な手紙を託される。騎士の誇りをかけて隣国への旅を続けるティウリだが,行く先には様々な困難が待ち構えていた。続編は「白い盾の少年騎士」。
王への手紙 下トンケ・ドラフト岩波書店 2005 K949-2  同 上
とんぼチョン ジョンチョル岩崎書店 2011 E ト  野原でとんぼが死んだ。そのとんぼにありがむらがり,とんぼの弔いがはじまる。生と死とが詩情ゆたかに描かれた本。
なにか、わたしにできることは?ホセ・カンパナーリ西村書店 2011 E ナ  毎朝おじさんは新聞を読む。そこには,全身が震えあがるような記事もたくさんある。不安でたまらないそんなある日,頭の中でぐるぐる回っていたあの言葉がおじさんの口からとびだした「なにか,わたしにできることは?」

ホーム資料案内おすすめの本/水戸市立図書館から中学生におすすめの本2012年版

Copyright (C) 2006 Mito City library All rights reserved.